はおはお日記 

おにいちゃん、ジムニーシエラの納期は三年なの? もう一回車検をとっても追いつかないよ

R32スカイライン // ウインカーステー欠損修理

on   0 comments   0 trackback

人生に行き詰まりを感じて息苦しくなったら、野球場に行ってみればいいと思います。

自転車で。

●虫ペダルとかいう漫画で主人公が千葉から秋葉原までママチャリで行くという話がありました。
その距離が約40キロ。家から最寄りの球場までは約40キロ位。

電車で行ったら二時間半弱。自転車だと二時間半強。


人生の目的地を見失ったら取り敢えず野球場を目指しましょう。
今日の目的地と束の間の楽しみが得られます。

IMG_20180919_181657.jpg



さてさて、かわいそうなことになってるスカイライン
ウインカーの続きです。


右ウインカーの予備はないが左ならあるという間の悪さ。

IMG_20180921_145011.jpg


今回はプラリペアを使って欠損したステー部分を再生します。


IMG_20180921_153418.jpg


R32のウインカーのネジ穴付近のステーは次第に硬化して崩れていくという欠陥があります。

車検時に整備工場でみつかると「部品交換が必要です」と言われてしまうんですよ。
この子まだ戦えるのに。


ダイソーで「お湯で柔らかくなる粘土」を手に入れます。
IMG_20180921_145231.jpg


80度のお湯で温めて型取り。
IMG_20180921_145909.jpg



型を欠損部分のあるウインカーに当てがってプラリペアをニードル法でつけていきます。

*初めてのプラリペア作業のため画像なし


硬化後の図
IMG_20180921_155628.jpg


裏側
IMG_20180921_160229.jpg


表側はプラリペアを乗せすぎたので、バリを切り取りヤスリで整えてみました。
IMG_20180921_231654.jpg


見た目は良くないですが強度はガッチリしてます。
接着剤で張り合わせてうまくいかなかった時のような不安感は一切ありません。



ニードル法でやる場合、プラリペアは一滴づつたらして小さな玉にしないとダマになってうまくいきませんでした。
今回は初めは要領が分からずコテコテでいまいちの見栄え。

型取りする場合は欠損部分の上側と型粘土のツラを合わせないとプラリペアが無駄にしてしまうことが分かりました。



後はフェンダーですなぁ

R32スカイライン // ウインカー配線修理

on   0 comments   0 trackback

人生はつらいことばかりですが、野球場の7回裏のビールの売り子の疲れた笑顔を見ると
最終回まで頑張ってビールを飲もうと思う日々です。


R32スカイラインの弱点の一つともいえるのがウインカーの配線切れ。

DIYでライトやバンパーの取り外しが多いと断線してしまうことが多いです。

この間お伝えしたようにかわいそうなことになってるスカイラインです。


配線が千切れてます。

IMG_20180915_142721.jpg


雨の日に備えなさい for a rainy dayとの格言通り予備配線を持ってます。
でも、右フェンダーはオレンジと黒・銀しかない。。。orz

ウインカーポジションキットを取り付けたので一部ギボシ化してます。
車体側と予備のカプラー配線側もギボシ加工。

IMG_20180915_144423.jpg


あ、ちなみにウインカーとポジションライトのカプラー付配線がディーラーで
新品部品出るみたいですよ。