はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

キャニスターの配管折れ修理 

on   1 comments   0 trackback

R32スカイラインも誕生から29年経ちました(笑
平成元年式なら28年落ち、最終型の五年式でも24年落ち・・・
未だ乗ってる人はよほどの物好きか、◎カのどちらかでしょう( ゚Д゚)

さて、とってもおバ●な はおちー は未だにスカイラインに乗っています。
RB20だと街乗りの加速力ではnoteにすら遥かに負けてるんですが
次の車検まではこの車に付き合う予定ですw

さすがに色々なところに焼きが回ってきたR32でプラスチック部品も
経年劣化は隠せません。

この間のことですが、インテークの配管を外すときにキャニスターの頭にぶつけてしまい
ニップルを割ってしまいました。
プラリペアがあればすぐに補修できるという知識はあるのに物がないwww
IMG_20170716_142218.jpg



このキャニスターはABS樹脂製の筈なので、ABS用接着剤で修復を試みます。

1. セメダイン製 プラスチック用接着剤 (PP、ABS使用可) : ×
面で接着するには強力な接着力を発揮するようですが、ニップルのような"点"
での接着では全くの力不足です。
乾いても完全には固まらず、G3ボンドのように緩く固まります。

2. セメダイン ABS用接着剤 : △
プラスチック用接着剤でかっちりと接着できるのは、接着剤がプラ樹脂を溶かして
互いが融着されるというのが理由です。
ここでこのABS用接着剤。 
ABS樹脂を溶かして・・・くれません( ^ω^)
乾くと薄い柔らかい膜を作るように固まります。1.と同じような感じですね。
固まった接着剤の上にさらに塗り重ねるようにするとどうにか気休め程度に
なる程度ですね・・・

3. 瞬間接着剤剥離剤 : ×
IMG_20170716_141916.jpg


バイクのABS製カウルはアセトンで溶かし込んで溶着させると頑丈に修復できると
ネット検索で見つけました。
瞬間接着剤の剥離剤の成分がアセトンが主なようなのでダイソーで買ってきました。
が、、、全くABS樹脂が溶けませんwww

うーむ、プラリペアか代用品でも用意するかねぇ

P.S. SKB-KG3BKというキーボードでこの記事を書いてますが
テンキーレスで小ぶりなのはいいのですが、キーストロークが無駄に深いので
右隅のenterキーを打つのに右手が攣りそうになります^^;
ストロークが深いためミスタイプも多くなるし、全くのくそキーボードだわ。。。

スポークプロテクター壊れる

on   0 comments   0 trackback

先日のこと利根川に架かる新大利根橋から大利根橋まで千葉県側サイクリングロードで
移動しようとしたんですよ。

当然、堤防の上のサイクリングロードはは舗装されていると思うじゃないですか!


砂利舗装でした ^^; 
*オレンジのルート

20170618.png


しかも往来がないに等しいので砂利が浮いていてクロスバイクで走るのは非常に困難な始末。
先行するママチャリは押して歩いてました。

仕方がないので舗装路を求めて走ってみるも、ここら辺は利根川の調整池の中なので農道しがないんですよ。
青のルートは舗装されているものの我孫子~野田方面への抜け道で車がバンバン走っているため
自転車で通るのはハッキリいって危険が危ない。

自転車用の抜け道マップで見てみると赤いルートが見つかったのですが、ここも砂利道^^;
軽トラの往来があるためか砂利は締まっていて走りやすいのですが、この道はあれなんです。
例のベトナム人の子供の死体が遺棄されてた橋を通るしかないのよね。

仕方がないので赤いルートを進んでみたものの、場所によっては雑草が生い茂り
道がなくなってしまってる箇所もあり・・・

我慢してクロスバイクで突っ込んだらスポークプロテクターが割れた(>_<)


取り付けの爪が割れたためにスポークに干渉してギュルギュル言い出す始末。

取り外してみたの図


仕方がないのでしばらくこのまま。
そのうちどこかの店で買ってきます^^;;;