はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

キャニスターの配管折れ修理 

on   2 comments   0 trackback

R32スカイラインも誕生から29年経ちました(笑
平成元年式なら28年落ち、最終型の五年式でも24年落ち・・・
未だ乗ってる人はよほどの物好きか、◎カのどちらかでしょう( ゚Д゚)

さて、とってもおバ●な はおちー は未だにスカイラインに乗っています。
RB20だと街乗りの加速力ではnoteにすら遥かに負けてるんですが
次の車検まではこの車に付き合う予定ですw

さすがに色々なところに焼きが回ってきたR32でプラスチック部品も
経年劣化は隠せません。

この間のことですが、インテークの配管を外すときにキャニスターの頭にぶつけてしまい
ニップルを割ってしまいました。
プラリペアがあればすぐに補修できるという知識はあるのに物がないwww
IMG_20170716_142218.jpg



このキャニスターはABS樹脂製の筈なので、ABS用接着剤で修復を試みます。

1. セメダイン製 プラスチック用接着剤 (PP、ABS使用可) : ×
面で接着するには強力な接着力を発揮するようですが、ニップルのような"点"
での接着では全くの力不足です。
乾いても完全には固まらず、G3ボンドのように緩く固まります。

2. セメダイン ABS用接着剤 : △
プラスチック用接着剤でかっちりと接着できるのは、接着剤がプラ樹脂を溶かして
互いが融着されるというのが理由です。
ここでこのABS用接着剤。 
ABS樹脂を溶かして・・・くれません( ^ω^)
乾くと薄い柔らかい膜を作るように固まります。1.と同じような感じですね。
固まった接着剤の上にさらに塗り重ねるようにするとどうにか気休め程度に
なる程度ですね・・・

3. 瞬間接着剤剥離剤 : ×
IMG_20170716_141916.jpg


バイクのABS製カウルはアセトンで溶かし込んで溶着させると頑丈に修復できると
ネット検索で見つけました。
瞬間接着剤の剥離剤の成分がアセトンが主なようなのでダイソーで買ってきました。
が、、、全くABS樹脂が溶けませんwww

うーむ、プラリペアか代用品でも用意するかねぇ

P.S. SKB-KG3BKというキーボードでこの記事を書いてますが
テンキーレスで小ぶりなのはいいのですが、キーストロークが無駄に深いので
右隅のenterキーを打つのに右手が攣りそうになります^^;
ストロークが深いためミスタイプも多くなるし、全くのくそキーボードだわ。。。

R32 ファンベルト/パワステ/エアコンベルト交換

on   0 comments   0 trackback

ベルト類を交換してから6年くらい経つので
ファンベルトを確認してみる。


なんか回転方向に裂けてますよ(; ・`д・´)
これは・・・交換しないといけない(´ω`;

ベルトは純正部品、部品商扱いの社外品とありますが
今回はオートパーツエージェンシーさん扱いのベルトにしてみた!

1本615円/税込・送料別   3本計2,385円
APAB-4PK860   ファンベルト
APAB-4PK925   エアコンベルト
APAB-4PK945  パワステベルト
IMG_20160917_172042a.jpg

パッと見ではベルトにバリが見られたりと安いなりの作りです。
しかし、2,3年くらいは持ちこたえるでしょう^^


交換するのに邪魔なエアクリボックス、配管類を取り外してから交換です。

A パワステベルト取り外し
a1  パワステポンプ取付ボルト二か所を緩める
上側のボルトがプーリーに隠れて見えない場合、オルタネーターのプーリーを
22ミリのボックスレンチを掛けてクランクを回し、プーリーのサービスホールを
ボルト位置に合わせる。 
クランクプーリーにボックスレンチを掛けるのが正攻法ですが、ソケットが無い、
手が入らない時にはこっちの方が楽です。

a2 位置調整ボルトの固定ボルトを緩めてから、位置調整ボルトを緩める方向にまわす。

a3 パワステポンプを押し下げてベルトを外す。
20161014-2a.jpg


B エアコンベルト取り外し
b1 プーリーを固定しているボルトが位置決め固定ボルトを兼ねているため
プーリーのボルトを緩める。
アンダーカバーを外して作業する必要があるので、スロープで車の前側を上げてやると
楽です。

b2 位置調整ボルトを緩めてプーリーを押し上げてベルトを外す。
20161014-1.jpg


C ファンベルト取り外し
c1  ファンベルトはオルタネーター用と兼ねているのでオルタネーター固定ボルトを緩める
潤滑スプレーはエンジンブロック側に吹きましょう。下側のため水はねのためか
もれなく錆びて固着しています。  

c2 位置調整固定ボルトを緩める 
c3 位置調整の長ボルトを緩めてベルトを取り外す。
  
20161014-3a.jpg

ベルト自体は交換前提ならば金切はさみやカッターで切断してもOKでしょう。

久方ぶりに作業したせいか手際が悪いです^^;;;

◎今回の目玉
テンションかけすぎのため? パワステポンプの位置調整ボルトが歪んていた。
新品部品を手配して交換した。
IMG_20160925_103435.jpg