はおはお日記 

もう、いろいろだね

縦置きサイクルラックを買ってみた

on   0 comments   0 trackback

スポーツバイクに乗り始めてから何年も経ちました。
クロスバイクから始まりロードバイクも買ってしまいましたが
増車するにあたり自転車を屋内保管するために用意したのが
自転車のディスプレイスタンドです。

ロードバイクはそれなりの値段がするため、できれば屋内保管したいところですが
問題は保管場所。

横置きにするとかなり存在感を発揮してしまうため、縦置きや壁に吊り下げて
保管したいものです。

柱に穴をあけたくないため、縦置き可能な自転車のスタンドを探しました。

お試し的に買ってみたのが、いろいろなメーカーから販売されている
縦横兼用のサイクルスタンドです。



アマゾンや楽天、ヤフーショッピングで売られてますよ!


ネットショッピングで発注して届いたもの。
IMG_20180113_172232.jpg
IMG_20180113_172332.jpg

段ボール箱には入らずプチプチのままアマゾンのFBAで送られてきました ^^;
せめて、もう少し梱包には気を使ってもらいたいものです。

足がはみ出てましたw

部品は主に三点。
足の部分とタイヤ受けと棒。
IMG_20180113_173109.jpg

タイヤ受けを足に取り付ける部分
IMG_20180113_173228.jpg

組み立て完了
IMG_20180113_173713.jpg


タイヤ受けの高さは自分の自転車に現車合わせしてください。
取り付け説明書なぞありません。

組み立てに迷うような構造ではないので楽勝でしょうが
販売元の連絡先を書いた紙切れ一枚くらいほしいところ。

クロスバイクを立てかけてみた。

IMG_20180113_174825.jpg
IMG_20180113_174839.jpg

ちょっとびっくりするくらいの存在感を発揮してますね。

何とも軟弱な構造ですが、それが幸いしてか震度4程度の地震では
自転車は転ぶことなく立ってます。


アマゾンのレビューには点数の渋いレビューがありますが、

○タイヤ受けがまっすぐすぎて自転車縦置きだと傾く
⇒ タイヤ受けを力づくで奥に曲げるとok

○タイヤ受けや溝にタイヤがはまって抜けない
⇒タイヤ受けを奥に押すと簡単に抜ける

といった対応策が有効です。

使用感はお値段以上の満足感です。

冴えないサイコンの直し方 その② ~中華製suaoki

on   0 comments   0 trackback


アマゾンのタイムセールで格安で売られるsuaokiのサイコン。
コストパフォーマンスは最高で値段にしては多機能で電池の持ちも
デジタル通信のサイコンに比べ圧倒的に良い。


難点は電池の接触不良が起こりやすいこと。


修理を試みたsuaokiのサイコンですが、またまた調子が悪くなったので
もう一度修理してみたのですが、結局、電池の接触不良が再発してしまいました。


ガッチリ接着剤で固めてみても結局駄目でした。


suaokiは諦めてケイデンスとスピードセンサーを別途用意します^^;

IMG_20180319_152526.jpg
IMG_20180319_152542.jpg
IMG_20180319_152551.jpg