はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

R32 ARCインダクションボックス、フィルター交換

on   0 comments   0 trackback

ARCインダクションボックス(エアクリーナー)のフィルター交換を行います。


DSCF1727.jpg



ARCインダクションボックスはエアクリの中では評判がいい?らしいです。

他車種でチタンマフラーの焼けが毒キノコタイプに比べて「いい色に焼けていた」と
某パーツメーカーの方が言ってましたっけ。



が、、、交換用のフィルターが高い!

いつのまにかバージョンが上がって赤いスポンジになってらっしゃる。

「紙 → 黒いスポンジ → 赤いスポンジ」 

バージョンが上がるたびに値段も上昇してます。

http://www.arcinter.co.jp/arc/products/intake/induction/filter/index.html



そこで、裏技登場~www

トラスト エアインクス純正交換タイプ FC用

DSCF1708.jpg


実はスーパーインダクションボックス用交換フィルターの「Bタイプ」の
大きさはマツダ FC用純正サイズと同じなんです(^^)



さくさくと「インダクションボックス」を外していきます。

ストラットタワー前のボルトを外すには1/4のラチェットが便利ですね~
DSCF1728.jpg


DSCF1729.jpg


エアクリを外したらエアフロも掃除してやります。

パーツクリーナーを使う人も多いですが、勢いが強かったり
オイルが残滓してしまいエアフロセンサーが壊れてしまうことがあります。

エアフロ用のクリーナーがwakoやkureからでています!


自分はエレクトロニッククリーナーで代用してます。
これを買った当時はwakoは近所で売ってなくてkureのも見つからなかったんで(^^;

DSCF1730.jpg
DSCF1731.jpg


さて、ARC純正フィルターとFC用純正の大きさを比べてみると
やっぱり大きさは一緒です(^_^)

DSCF1732.jpg

DSCF1733.jpg


FC用純正のほうが少し厚いためインダクションボックスの「フィルター止め」は使えません。


インダクションボックスに組み付けて元に戻していきます。
DSCF1734.jpg
DSCF1735.jpg


エアクリーナーはARCとトラストの「ハイブリッド」

DSCF1737.jpg


ハイブリッドカーになったんだから減税してくれwww



フィルター新品とオイル交換でエンジンの吹け上がりは良くなりました~


FC2 Blog Ranking




R32 オイル交換

on   3 comments   0 trackback

オイル交換

何も説明することのないオイル交換ですw


工具
・14mmボックスレンチ
・廃油受け
・オイルジョッキ
・オイル

DSCF1726.jpg


スロープを使って車を少しあげます。
ジャッキアップの必要がないので楽ですよ、スロープ。

廃油受けを用意して14mmのドレンプラグを緩めて
廃油を受けます。

DSCF1724.jpg



このとき、フィラーキャップを緩めておきましょうね!


オイルが抜けてドレンからの廃油が滴になってきたら、、、


ドレンと反対側を軽くジャッキアップします。

今回はドレン側をジャッキアップしてスロープを取ってしまいました。

オイルパンを傾けることによって通常抜けない分のオイルを抜くことができます。

DSCF1725.jpg



後はオイルを規定量フィラーから入れてオシマイ!


廃油はオイル缶に入れて直してしまいます。
DSCF1738.jpg


廃油処理は「廃油ポイ」を使って捨てるのが普通だと思いますが
今回はガソリンスタンドで引き取ってもらいます。

オイルを販売している店はオイル引取りの義務があるんですよ。
有名無実化している規定なんですけど(笑


事前に行きつけのガソリンスタンドに確認したところ
引き取りOKだったので今回はこのようにしました。


スタンドによっては引取りをしてくれなかったり有料のところもあるので
この点は注意してください。


スタンドで引き取られた廃油は産廃業者が回収し「再生重油」となって
ビニールハウスなどのボイラー燃料などに使われているようです。


「エコな世の中」なので、少しはエコロジーに貢献してみましたwww


FC2 Blog Ranking




トップページ更新

on   0 comments   0 trackback

作業履歴が増えたにもかかわらず、トップページに含まれていないものがでてきたので
indexページを別に作ってリンクさせてみました。

出来上がりは、、、もう少しスマートに見やすくする方法ってないのかね(^^;

R32~デフ&ミッションオイル交換

on   4 comments   0 trackback


久しぶりになりますがデフ・ミッションオイルを交換しました。


寒いながらも風のない日でオイル交換にはまずまずの日です。
〈↑重要〉


トラスト 75W-140 GEAR OIL
CUSCO LSD OIL 80W-90
DSCF1715.jpg


CUSCOのデフにはCUSCOのデフオイルを入れたほうがいいようです。
[ウチのデフはCUSCOのRS]


違う銘柄のオイルを入れたら「唸り音」がでるようになってしまい
元のCUSCOオイルに戻すと異音が収まるというブログの記事を見たことが
あります。以来ずっとCUSCOオイルにしてます。


使う工具はこちら
・13mm 凹ドレンプラグソケット / 17mm 凸ドレンプラグソケット
・1/2ラチェット
・1/2フレックスハンドル
・1/2ユニバーサル
・1/2エクステンション
・シールテープ
・22/24ロングストレートメガネ
・250mlマニュアルポンプ
DSCF1716.jpg


17mm凸ドレンプラグソケットは24mmのメガネが掛けられます。
ミッションフィラーのところはスペースがないので
ロングメガネをよく使ってますw


四輪ジャッキアップしウマを掛けてリフトアップします。


四角い出っ張りがミッションのフィラーです。
DSCF1717.jpg



オイルを抜く前に必ずフィラーが緩まるか確認しましょう。
オイルを抜いた後にフィラーが緩まないと笑い事にしかなりません(^^;



凹プラグソケットにメガネを掛けてフィラーを緩めます。
DSCF1718.jpg



フロアとのクリアランスが少ないのでフレックスレンチだと
ヘッドの小さなものを使わないと駄目です。

自分はラチェットは使いません。
フィラーが緩めるにつれてラチェットとフロアが干渉してしまい
にっちもさっちもいかなくなる事があるからで~す♪


次にドレンを外してオイルを抜きます。


プラグにシールテープを「左巻き」で巻いておきます。

締め込むのと反対の方向にテープを巻かないと意味を成しませんw


DSCF1719.jpg


え~、、、シールテープが無くなりました(笑

今回はフィラープラグにテープを巻きかないことにします(爆


抜いたミッションオイル
DSCF1720.jpg


微妙に泡だってますよ~
二年ぶりに交換なのでこんなもの・・・かね?



ミッションにオイルを入れる前にデフ側のオイルを抜いてしまいます。


デフフィラーを緩めます。
DSCF1721.jpg


ここは1/2ラチェットとエクステンションとフレキシブルを使用
DSCF1722.jpg


ドレンを外してオイルを抜きましたー


あぁ、なんか凄いことになってます♪
DSCF1723.jpg



ここからポンプを使ってオイルを入れていきます。


ここからは画像がありませんよー★

オイルで手がベトベトになってデジカメなんて触れません(^^;


ミッションオイルを入れてデフに取り掛かるまでは良かった!


デフオイルを入れるころには突風が・・・(ぇ




漏れたオイルが飛沫になって襲い掛かってきます f(>_<)

髪にデフオイルを被りながらフィラーを締める羽目に(汗

臭~い (T_T)


FC2 Blog Ranking




バッテリー交換&ホットイナズマもどき取り外し

on   2 comments   0 trackback

先月のこと、、、この春にバッテリーを交換したにもかかわらず
バッテリー上がりを起こしてしまいました。


秋口にもバッテリー上がりを起こしていたのですが
その際はLED化したルームランプの一部が不点灯になっていたため
それが原因かと思いバッテリーを充電して終えていたのです。


今度はそのルームランプを取り外していたにもかかわらず
またもや上がってしまったのよ(^^;


暗電流をテスターで測ってもほとんどなし。


外したバッテリーの電圧を見てみると11.4V。

しかし、その電圧ではセルがウントモスントモ言わず・・・
11.4Vくらいあればセルが弱々しく動いたりするもんですよね?


バッテリーは保証期間内であったため販売店で新品に交換してもらいました。

予備のバッテリーでは問題なく半月以上動作していたので
バッテリーの不具合だったのかそれとも他の要因があるのか
よく分からないです(^^;

一番怪しげな電装品は「ホットイナズマもどき」



いつまでも予備のバッテリーを使うわけにもいかず
(親父の電動リール用のためw)
新品バッテリーと交換し、同時に念のためフオクで
入手した「ホットイナズマもどき」は取り外してしまいます。

DSCF1711.jpg

バッテリーステーに取り付けていたので良く見えませんね~
DSCF1712.jpg


新品バッテリーを取り付けます。
DSCF1714.jpg


これが「ヤフオク・ホットイナズマもどき」
DSCF1713.jpg


さて、これで不具合は解消となるのでしょうか???

コンデンサチューンが原因でエンジン不動になるトラブルを何件か耳にしています。
コンデンサチューンはもしかしてバッテリーに何らかの不具合を起こす可能性が
あるんでしょうか???

FC2 Blog Ranking