はおはお日記 

おにいちゃん、ジムニーシエラの納期は三年なの? もう一回車検をとっても追いつかないよ

エキマニスタッドボルト交換 ~ 排気漏れ修理 R32 RB20DET編 その①

on   0 comments   0 trackback

ようやく晴れた土曜日に作業開始で~す。


作業手順は 
 *自分のためのメモも兼ねてます
 *「XXmm」表記はボルト頭の二面幅=使用工具

①エアクリ、タービン~インタークーラー間の配管取り外し、
 パワステタンクのボルト取り外し、レジスター取り外し

上側から取り外し
上側から



②ジャッキアップ、左フロントタイヤ取り外し

③エキゾースト各部へのCRC-556吹きつけ

④触媒遮熱板取り外し

⑤フロントパイプ切り離し
 *フロントパイプステーはフロントパイプ・触媒間のボルトのとの
  切り離し後に緩めること。 たまにやると忘れます(-_-;)
 
 タービン~フロントパイプ  14mmディープソケット、エクステンション、ロックナットです。
 フロントパイプ~触媒    17mmボックス


⑥タービンインレットチューブ、タービン遮熱板取り外し


⑦タービンオイルライン、ウォーターライン取り外し
  1.オイルイン(タービン上側)取り外し
  2.ウォーターイン(タービン側 24mm / エンジン側 19mm)取り外し
    ← ココを緩めるとクーラントがジャバジャバ溢れてきます
3.ウォーターアウト(24mm)取り外し


ココまでの作業で雨が・・・梅雨だから仕方ないんですが

外した部品や工具を移動させるのが手間でした(汗

雨ですがな・・・





⑧タービン~エキマニ切り離し
  回り止めをプライヤー、マイナスドライバーで真っ直ぐにして取り付けナットを緩める(17mm)
  バルクヘッド下側のナットはストレートメガネ、ソケットレンチでは狭いためと
  上側スタッドが邪魔で対応できず。
  メガネレンチを差し入れて角度はないが有効スペースを使って一度緩めてからスパナを使う


エキマニ~タービン


タービン降りました(・_・)




⑨エキマニ遮熱板&エキマニ取り外し
  エキマニ取り付けナットは14mmでロックナットのため常時テンションが掛かりっぱなしのため
  弱ったスタッドはココで折れる危険性があるので要注意

  スタッドの先が錆びているとそのままスタッドも抜けたりします(笑)

ナットとともに抜けたスタッド




1番と6番の外側が折れてました。
他にところはナットを外したらそのまま抜けてきました(・_・)ノ

エキマニ降りました~



上 11万キロ使用純正エキマニ
下 純正新品エキマニ

マニ比較



エキマニの縮みはそれほどでもないようなので、古い奴でもOKそうです。

エキマニ縮み




エキマニのナットを外していて気がつきましただ、、、

ヨークとワッシャーが無いジャン(ToT)ノ 


スタッドが飛んでいるならば、ワッシャーもヨークも飛んでってますよね(爆


ディーラーに行って部品注文してきました(/ε\)

ヨークとワッシャー




FC2 Blog Ranking




関連記事

LEAVE A REPLY






管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

trackbackURL:http://haohao32.blog5.fc2.com/tb.php/132-6b7d4232