はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

スポンサーサイト

on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R32スカイライン 燃料ホース交換

on   0 comments   0 trackback

燃料ホース交換しなきゃといいながら時間ばかりが経ってしまい・・・

腰を痛めたりで長らく作業ができませんでした(^^ゞ

意を決して燃料ホースを交換したいと思いますw


ヘッドを降ろしたときにスターフレックスとかいう燃料ホースを使いましたが
これがてんで駄目なホースでヒビ割れが酷いという話は前にも書いたとおり・・・

前に使っていた中古純正に交換したり、足りない部分は未使用のスターフレックスを
使って様子を見ていました。

唯一、フューエルフィルターの下側ホースはエンジンルームの熱の影響も小さい
だろうと油断していたのが運の尽き。


その有様がコレw

DSCF2214-hosei.jpg

*見やすいようにコントラストなどを調整しています。

環境的に厳しくなさそうなところでも、4年くらい使ったらこんなんなります。。。



ホース交換前に燃圧を抜かないとなりませんが、燃料ホースに漏れがある状態だと
燃圧はゼロ

DSCF2211.jpg


燃料フィルター~デリバリー間のホースもヒビ割れがあります。
これは交換後一年くらいのスターレックスホースです。
DSCF2212.jpg

DSCF2215.jpg

DSCF2221.jpg


日産純正燃料ホース A6440-N7686
いわゆる高圧側に使える2メーターで一万くらいするシロモノです。
DSCF2216.jpg



日産純正燃料ホース A8742-20030
燃料タンクのリターン側[低圧側]に使われる長物ホースですが
エンジンルーム内のリターン側の燃料ラインに使えないかと購入。

燃料タンク側のホース類は全く交換したことがないので
両方に使えたらラッキーかなと♪
 
DSCF2218.jpg

で、エンジンルーム内リターン側[左]と長物ホースを比べてみると
内径と外径が違いますね。
DSCF2220.jpg

タンク側のホースは耐候性の関係もありゴムの層が厚いんですね。

純正リターン側はまだ大丈夫そうだったのでそのままにしました。



燃料ホースなどのゴムホースを取り付け時に忘れてならないのは
シリコンスプレー。
DSCF2222.jpg

これはなかなかの優れものでCRC-556などの潤滑剤とともに用意しておきたい逸品です。


実はまだスターフレックスが使われている所がもう一箇所あるんですよー。
後期型のR32はデリバリーに一部ゴムホースが使われてるんですが
そこにスターフレックスがまだいます。。。orz

目視ではまだ大丈夫そうですが、ホースバンドがトンデモないところ向いてるのよ(^^ゞ


燃料フィルターの下など完全に固定されていないフューエルラインは
ことごとく傷んでいるので、スターフレックスの燃料ホースは特に
振動に弱い気がします。

兎にも角にもメンテナンスを進めていきます!

関連記事

LEAVE A REPLY






管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

trackbackURL:http://haohao32.blog5.fc2.com/tb.php/411-881e64c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。