はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

R32// リア アウトサイドハンドルのロッド調整と

on   0 comments   0 trackback

自分の平成五年式のR32も今年で22年落ち。
最近はR32の部品もヤフオクではあまり見かけることもなくなり
R32、S13、14シルビアやRX-7も町中でもほとんど見かけなくなりましたね^^;

とにかく古い車なので、色々苦労絶えませんから仕方ないんでしょう。。。


この間、左リアドアを外から開けようとしたら、開かないwww
おそらくハンドルのロッドが外れたんでしょうから直すとしましょう


内張りを外して
DSCF2403.jpg


アウターハンドルを内側から見てみると・・・
DSCF2404.jpg
ロッドは外れてない


ハンドルを思い切り引き上げるとドアが開くことがある。
動きが渋いからロックが解除されないのかと思いドライファストルブを
吹きかけてみる。

あ、このドライファストルブというのは「速乾性潤滑スプレー」で
べたつかず汚れないのが特徴でスロットルコートの代用もできる
優れものだそうです^^

家の雨戸の車輪・レールや入りの悪い鍵穴にも使える
汎用性の高いシロモノですが、一般のホームセンターでの
扱いはないところが多いです。
DSCF2406.jpg


潤滑剤を吹き付けても特に動きは変わらない。



フロント側は調整用のブッシュがあるが、リアはあったっけ???
DSCF2407.jpg



左奥に見える白いプラスチック部品がいました^^
DSCF2405.jpg


ブッシュは回転させることにより高さが4段階調整できるのでドアが開く位置に
調整します。

どうやらドアを開けた弾みかなにかでブッシュが回ってしまったんでしょうね^^;

防水カバーと内装を戻して終了!


関連記事

LEAVE A REPLY






管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

trackbackURL:http://haohao32.blog5.fc2.com/tb.php/440-7bba2a19