はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

住宅用火災報知機"けむピー" 10年電池クレーム交換

on   0 comments   0 trackback

火事はいつ・どごても・誰のところでも起きる可能性のある災害です!

法律の改正で住宅にも火災報知機設置が義務付けられてます

*新築は平成18年6月1日から適用
*既存住宅は市町村の定める日から 
http://www.fdma.go.jp/html/life/juukei.html


このため住宅用火災報知機を設置してる家は多いかと思います。

火災報知機は天井に設置するので電池交換の頻度は少なければ
少ないほどいいのです^^

一般のアルカリ電池を使うものは3年も持たずに電池交換となりますが
「一部製品ではリチウム電池を使い10年間電池交換不要!!!」
と謳ってるんですね

家の住宅用火災報知機"けむピー"はリチウム電池仕様で
10年交換不要のはずが数年で電池切れでピーピーいう始末・・・
当時は設置業者に頼んで電池を交換してもらったそうです。


それから数年、また電池切れになったようで確認してみると
リチウム電池でなくアルカリ電池が使われてました^^;

専用電池でなくていいのかと製造元のヤマハプロテック

HPを確認してみると・・・電池不具合のお知らせが(´・ω・`)

【お願い】
当社製 住宅用火災警報器(住警器)商品名「けむピー」
(YSA-210JP・YSA-310JP)に付属されています電池の一部に
当社で想定しています電池寿命より短い場合がある事例が発生しております。

電池の不具合事象と致しましては、電池容量が低下するという事象です。
電池切れ警報を発した場合、代替電池を送付させていただきます。

【対象商品】
・使用している住警器
  YSA-210JP・YSA-310JP
【電池切れ警報について】
・電池容量が低下すると、電池切れ警報が3日間続き、お知らせ致します。
・なお、電池切れ警報を発している状態であっても、煙を検知すると警報を発します。


2008年製の火災報知機でも代替電池を送ってもらえるのか
フリーダイヤルにコールしてみると問題無いとのこと。
ヤマハプロテックの電話窓口は・・・でしたがね^^;
DSCF2504.jpg


一週間後にお詫び文と電池到着。
DSCF2505.jpg
DSCF2506.jpg


ネットで検索してみると自腹で電池を購入している人もいるのですが
このリチウム電池は一個1500円近くしやがるので、クレーム電池交換を
フリーダイヤル窓口にしてみるといいと思います^^

2008年製の装置でも家にある三台分の電池を送ってもらえましたから!!!
関連記事

LEAVE A REPLY






管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

trackbackURL:http://haohao32.blog5.fc2.com/tb.php/455-13e41691