はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

R32 タイロッドエンドブーツ交換

on   0 comments   0 trackback

冬の足音が日々大きくなる毎日です。
朝晩の寒さは冬の一歩手前(*_*)

12月のこの時期になると思い出すのが・・・車検の季節^^

タイロッドエンドブーツが破れてグリースが飛び出てしまってるので
ブーツを交換します!

早速、フロアジャッキを使って車を上げようとしましたが、大小のジャッキが
2つとも圧が掛かるとあがらない。。。orz

どうやら寿命かジャッキオイル交換が必要なようです(汁

仕方ないので油圧パンタのみで作業しました^^;
外したタイヤは車体の下に置こうね!!!!


純正ではタイロッドエンドassyでしか部品が出ませんが
社外品やR31の純正部品のブーツを使えば修理可能です。

右フロントのタイロッドエンドブーツ
グリースが漏れてるのが見えますね^^;
DSCF2567.jpg


コッターピンをマイナスドライバー等で真っ直ぐにして取り外し
19ミリのナットを緩めボルトとツライチの位置にします。


完全に外してしまうと嵌合が外れた瞬間にタイロッドエンドが
暴れまわるので大変に危険です。
タイロッドエンドプーラーでテンションを掛けていきながら
ナックルをハンマーで叩くと簡単に外れますよ~
*アルミナックルは叩いてはダメです(´・ω・`)


DSCF2568.jpg


嵌合が外れたらナックルにブラブラついたままの状態で
スクレーパーや皮スキをブーツの下面に差し込みこじるようにすると
ブーツが外れてくれます。
DSCF2569.jpg


DSCF2570.jpg

これを一周こじってやるとブーツは外れます。


グリースに水分や泥が入ってしまったため茶色に濁ってしまってます>_<
水分・ホコリ等が侵入してしまうとボールジョイントがダメになってしまい
assy交換となってしまいますよーーー
DSCF2572.jpg


ブレーキクリーナーとウェスでグリースを拭き取りキレイにします。
ボールジョイントに使うグリースは汎用リチュームグリースの二番です。
ホームセンター等で蛇腹に入って売られてますね。
大体三百円くらい?
DSCF2573.jpg

用意したブーツは大野ゴムのものです。
DSCF2574.jpg


リチュームグリースをボールジョイントに塗ってグリグリ動かして
なじませながら、更にグリースを盛っていきます。
DSCF2575.jpg
DSCF2576.jpg


ブーツは圧入が必要ですが、ネットではプライヤーで挟み込むとか
やり方は人それぞれですが、今回はソケットで打ち込んでやります^^

ソケットはいくつか試したのですが36ミリのがちょうどぴったりでした。
DSCF2577.jpg

ブロックなどを台座にしてまんべんなく打ち込みましょう♪

ナットを3-4キロのトルクで締め込み、増し締めして最初にピン穴があったところで
コッターピンを差し込みます。
DSCF2578.jpg


左側も同様に作業とおもいきや・・・
DSCF2579.jpg


ナット残り一山くらいのところでボールジョイントとナットが供回り(´・ω・`)

ナットは締め込めるけど緩まなーい

しゃーないので考えた
タイロッドエンドプーラーで押さえながらでは緩まないか!? → ×
DSCF2580.jpg


タイロッドエンドプーラーにいらないソケットで押さえたら緩まないか!? → ×
DSCF2581.jpg


ネジヤスリは使えないか? → ×

ナットクラッカーはどうか?  → 手持ちは17ミリまでだった・・・


・・・・・・・orz (泣



最後の手段でブーツの上からウォーターポンププライヤーで掴みながら
ナットを回したらいとも簡単に回った(^O^)

ねじ溝が錆びたのかプーラーで少し舐めてしまったのが原因のようです。

あとは同様に組み込んで完成です^^


ボールジョイント部の経たり具合は整備要領書を参考に
点検してくださいね~ ♪
関連記事

LEAVE A REPLY






管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

trackbackURL:http://haohao32.blog5.fc2.com/tb.php/458-5ba7a8e6