はおはお日記 

R32 スカイラインのメンテナンスを中心に書いてます!

スポンサーサイト

on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R32 エアコンパネル LED化

on   0 comments   0 trackback

R32 エアコンパネル LED化


このごろエアコンパネルの電球が暗くなっています。

純正の緑色LEDも点いてるのかも怪しいくらいです。

なんで電球のLED化と純正LEDを交換します。




また、内気循環にしても外気導入に勝手に切り替わったりと

パネルの動作が怪しいのでハンダのチェックもしてみたいと思います。



★用意するもの
 3mm白色高照度LED 6個
 3mm青色高照度LED 2個
 CRD 6個


★工具
 +/-ドライバー
 半田ごて
 ハンダ 
 ハンダ吸い取り器



★手順

①エアコンパネルのパネル側からネジ三本外す

②パネルを外した後にネジ二本を外す

ネジ




③パネルをひっくり返して純正電球ソケットを外す

エアコンユニット


 ソケットを外したらそこから基盤を押して外します。




④外したソケットにLEDを組み込みます。
 LEDをソケットに通した後にCRDをハンダづけします。

 ソケットにLEDが通りにくい場合は穴をキリで拡大してください

 足は純正電球と同じように処理します。

 LED組み込み エアコンパネル





【純正LEDの交換】

エアコンパネル表



⑤純正緑色LEDはゲタがかましてあるのでゲタを外さねばなりません。
 基盤の裏に出ているゲタのプラスチックを溶かすなりしてください~



⑥LEDのハンダを取り、LEDを撤去します。
 ここのハンダは厄介なのでコテで溶かしながら外したり
 うまくやってください。
 


⑦LEDをゲタに入れるのですが、上側に切り欠きが
 あるのでLED側を削ります。

 ここのゲタも片側がストッパーとなるようにキツクなってるので 
 拡大加工します。


LED挿入




 ここでもう一つ、LEDの極性に注意する必要があります。


エアコンパネル裏


 写真のように「左側」がプラスです。

 間違えるとLEDは点きません~

 もう一度ばらすはめになりますので注意してください。

 (車両に取り付けたら光らなかった。。。orz)



⑧ゲタごとLEDをハンダ付けします。
 LEDはお好みの色で(^^)

 緑色の高照度を探したんですがなかったので青にしました。




⑨バラシと反対の手順でパネルを組み立てます。



⑩LED化したソケットを取り付けます。
 極性は外側がプラスです。

プラスマイナス




⑪車両に組み付けて完成です。

 光らせて色むらがある場合には光拡散キャップを使うとバランスが
 良くなります。

 

車両に取り付けてみたところ、内気・外気の勝手な切り替えは
収まったようです。

LEDが光らないとおかしくなるのでしょうか???

なんとも良く分かりませんが交換したら異常が収まったのです。

基盤のハンダは異常なしでした。


ここのところはもう少し経過観察したいと思います。







関連記事

LEAVE A REPLY






管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS

trackbackURL:http://haohao32.blog5.fc2.com/tb.php/98-e3c9971a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。